NO MORE FUKUSHIMA 2011  映画「日本と原発」 アベ政治を許さない 3.11炉心溶融隠蔽問題 添田孝史氏「刑事裁判傍聴記」
NO NUKES! 原発の再稼働は断固阻止! 3.11 東電福島原発事故の検証なくして原発の規制基準なし!
原発にコアキャッチャーなし!、原子力防災計画審査なし!、国民に無用な被曝をさせるな! 東京が壊滅 する日 ― フクシマと日本の運命
Back number
2011/ 04 05
06 07 08 09 10 11 12  2012/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2013/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2014/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015/
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2016/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2017/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2018/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019/ 01 02 03 04 05 06
特集ページ トリチウム海洋放出問題 県民健康調査問題 鮫川村焼却施設問題 福島原発告訴団/ 福島原発刑事訴訟支援団  SPEEDI 自主避難 ガラスバッジ

子供を放射線環境から守りたい 福島県いわき市から 更新 日:2019.07.21 ツイート   推 奨ブラウザGoogle chrome
原子力規制委員会 定例記者会見 (平成26年7月16日) での田中俊一委員長発言
https://youtu.be/UF-271b_lC8?list=UU5_urTtPY2VjNc1YOI4rBCg&t=18m58s

以下上記動画音声より一部引用 『安全だという事は私は申し上げません』  引用終わり

原子力規制委員会設置法をあらためて読んだ。第1条の委員会の設置目的のところに「安全の確保」という言葉がちゃんと入っている。とすると、委 員長が「安全とは言いません」と記者会見で語っているのは、規制基準が不十分なものだと自ら認めていることになる。

― 川内 博史 (@kawauchihiroshi) 2014, 8月 12

原子力規制委員会設置法 http://goo.gl/EDiiKF
東京電力・福島第一原子力発電所事故から7年にあたり委員長訓示(平成30年03月09日) https://youtu.be/fFjB1dgL_Rg?t=7m44s
更田委員長: 「事故は終わっていません」「多くの方々が不安を感じています」


東京第五検察審査会の皆様 への御礼2015.7.31
勝俣恒久・武 藤栄・武黒一郎の3人を「起訴すべきである」と議決頂き、本当に有難うございました。
指定弁護士からの「処分通知書」
Amazon これでも罪を問えないのですか! (福島原発告訴団50人の陳述書) http://goo.gl/tMiGBd
原発と大津波 資料と補 足 http://soeda221.wix.com/tsunami
福島県県原発全交流電源喪 失は津波が原因 か(その4)短 縮版http://www.shomin-law.com/essayFukushimaSBO4digest.html
福島原発全交流電源喪失は津波が原因か(その4)
http://www.shomin-law.com/essayFukushimaSBO4.html
再論福島第一原発1 号機の全交流電源喪失は津波によるものではない
http://www.iwanami.co.jp/kagaku/eKagaku_201403_Ito.pdf
2013.9.3汚染水海洋放出事件を刑事告発!
2014.6.20の報道によると、流出した 300tの汚染水に含まれる放射性物質のうちβ線核種だけで123兆Bqであることが明らかになった!
2014.4.11の報道によると、流出した 300tの汚染水に含まれる放射性物質のうちβ線核種だけで 84兆Bqであることが明らかになった!

LINK
東京電力
http://www.tepco.co.jp/index-j.html
東京電力 福島第一原子力発電所における日々の放射性物質の分析結果 http://www.tepco.co.jp/decommision/planaction/disclosure/index-j.html
東京電力
報道配布資料
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/index-j.html

東京電力 福島第一原子力発電所の廃止措置等に向けた中長期ロードマップ http://www.tepco.co.jp/decommision/planaction/roadmap/index-j.html
東京電力 廃炉プロジェクト 報道・データ
http://www.tepco.co.jp/decommision/news/index-j.html

IRID 技術研究組合 国際廃炉研究開発機構 http://irid.or.jp/
福島原発刑事訴訟支援団
http://shien-dan.org/
福島原発告訴団 http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.com/
ひだんれん 原発事故被害者団体連絡会  http://hidanren.blogspot.jp/
国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会 http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3856371/naiic.go.jp/index.html
RJIF 民間事故調査委員会 http://rebuildjpn.org/
内閣官房 東電福島原発事故調査・検証委員会 http://icanps.go.jp/
原子力規制委員会 http://www.nsr.go.jp/

首相官邸 http://www.kantei.go.jp/
経済産業省 http://www.meti.go.jp/
文部科学省 http://www.mext.go.jp/
環境省 http://www.env.go.jp/
復興庁 http://www.reconstruction.go.jp/
福島県 http://wwwcms.pref.fukushima.jp/
福島県 原子力安全対策課 http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16025c/
福島県 県民健康調査課
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21045b/

福島県県民健康管理調査 検討委員会について http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/kenkocyosa-kentoiinkai.html
福島県立医科大学 放射線医学県民健康管理センター http://goo.gl/yiusn
県民健康管理センターデジタルアーカイブ
https://www.i-repository.net/il/meta_pub/G0000338fmu

Level7 (レベルセブン) https://level7online.jp/
FUKUSHIMA STUDY http://fukushimastudy.org/

い わき市 http://www.city.iwaki.lg.jp/www/index.html
いわき市保健所放射線健康管理センター http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1001000000558/index.html
いわき市原子力対策課 http://www.city.iwaki.fukushima.jp/13223/13228/019182.html
気象庁 アメダス(表形式)
  http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/map25.html
YAHOO! JAPAN 震災情報 http://info.shinsai.yahoo.co.jp/index.html
Googleマップ 福島第一原子力発 電http://maps.google.co.jp/maps?q=%E7%...
NHK NEWSWEB 地震・津波情報 http://www.nhk.or.jp/sokuho/jishin/index.html

NHK 福島県の放射線量 http://www.nhk.or.jp/fukushima/wind/index2.html
NHK 福島県の風向・風速予想 http://www.nhk.or.jp/fukushima/wind/index.html

文部科学省 放射線モニタリング情報 http://radioactivity.mext.go.jp/ja/
文部科学省 放射線量等分布マップ拡大サイト http://ramap.jaea.go.jp/map/

文部科学省 ご意見・お問い合わせ 入力フォーム 学校保健、学校安全、食育・学校給食に関すること https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry09/
日本の環境放射能と放射線 http://www.kankyo-hoshano.go.jp/kl_db/servlet/com_s_index
独立行政法人 家畜改良センター (牛の個体識別番号検索:左上リンクから) http://www.nlbc.go.jp/index.asp

お勧めサイト
INDEPENDENT WEB JOURNAL http://iwj.co.jp/
OurPlanet-TV http://www.ourplanet-tv.org/
ビデオニュース・ドットコム http://www.videonews.com/

武田邦彦氏 http://takedanet.com/
原子力資料情報室(CNIC) http://www.cnic.jp/

NO NUKES MORE HEARTS http://nonukesmorehearts.org/
GREEN ACTION
 http://www.greenaction-japan.org/
院長の独り言 http://onodekita.sblo.jp/
子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク http://kodomozenkoku.com/

子どもたちを放射能から守る 福島ネットワーク http://kodomofukushima.net/

いわき放射能市民測定室たらちね http://iwakisokuteishitu.com/
いわき市議会議員 佐藤かずよし氏 http://skazuyoshi.exblog.jp/
山本太郎資料ファイル http://www.taro-yamamoto.jp/files/c-files/%E8%B3%87%E6%96%99
原発がどんなものか知ってほしい http://www.iam-t.jp/HIRAI/index.html
みんなでつくる放射線量マップ http://minnade-map.net/

リアルタイム情報
原子力規制委員会 リアルタイム線量測定システムによる福島県内の空間線量率のリアルタイム測定結果 http://radioactivity.nsr.go.jp/map/ja/
福島県環境放射能監視テレメータシステム  http://www.atom-moc.pref.fukushima.jp/public/map/MapMs.html
JNN 福島第一原発 情報カメラ (Live) http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/ust/
東京電力 福島第一ライブカメラ(1号機側) http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index2-j.html
東京電力 福島第一ライブカメラ(4号機側) http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html
ガイガーカウンター リアルタイムモニター福島高専布施雅彦研究室
 http://iwakicity.org/html/htdocs/index.php 
福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
http://www.fmu.ac.jp/home/lib/radiation/

強震モニタ+地震波形音 http://www.ustream.tv/channel/nied4maps-ii

情報公開クリアリングハウス 福島原発事故情報公開アーカイブを公開 http://clearinghouse.main.jp/wp/?p=1025
東京電力 廃炉プロジェクト http://www.tepco.co.jp/decommision/index-j.html
東京電力 東日本大震災後の福島第一・第二原子力発電所の状況 http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/
IRID 国際廃炉研究開発機構における 研究開発の状況について
http://www.irid.or.jp/_pdf/20170209.pdf
GREENPEACE Marine Research http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20110526_MarineResearchpresentation.pdf

福島県公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/PrefFukushima/videos

NO MORE FUKUSHIMA 2011 YouTube
http://www.youtube.com/user/nomorefukushima2011/videos

放射線被ばくの早見図(以下は放医研の図より引用) 左下の図から右下の図に変更されていますのでご注意下さい。 津田敏秀氏の解説動画 ←クリック!

20140131-0  → 20140131-1                                                                                                                                                                  
引用終わり


【トリチウム汚染水を海に捨てるな!】 経済産業省 多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会 https://goo.gl/8lCpsD
【経済産業省】【多核種除去設備等処理水の取扱いに係る説明・公聴会】 https://goo.gl/FoAiXZ
2019.03.11【これまでのALPS汚染水の処分方法をめぐる混乱を整理する】
・東電「国から方向性を出してもらいたい」
https://youtu.be/08fNPVMhNzw?t=01m00s
・経産省「ALPS小委員会では意思決定しない」
https://youtu.be/GDipCg4z_hY?t=51m18s
・規制委員会「東電が示せ」「希釈海洋放出が唯一の手段」https://youtu.be/5DjmBCT2F7c?t=10m05s
2019.3.27 更田氏「小委員会が意思決定する」 https://youtu.be/Dahfckhr-5c?t=19m34s
【全国民必見!】どいつもこいつも無責任野郎だぜ!。【責任転嫁確定事案】
【下記のどちらの組織でALPS汚染水処分方法を決定するの!?】
汚染水処理対策委員会 名簿
https://goo.gl/LkmQVG 原子力災害対策本部 構成員 https://goo.gl/6Q1eY7
・2019.05.14【経産 省】「長期保管も議論検討する」「小委員会での提言のとりまとめ後に、政府としての方針案を示す予定」 https://youtu.be/fB7Lv9YroEQ?t=1h45m18s

【モニタリングポストを撤去するな!】 https://goo.gl/E4zGy7
【原子力規制委員会】 リアルタイム線量測定システムの配置の見直しに関する住民説明会 https://goo.gl/fiqQ1C
2019.5.29 更田委員長
「(住 民の)心の問題が大きく関わっており、短期間で状況が変わるとは考えにくい。存続は年単位になる」 http://archive.is/5zkES
【広瀬隆さんから】「いわき放射能市民測定室たらちね」への「カンパ」ご協力のお願 いです。 https://www.nomorefukushima2011.com/20190622.pdf


2019.07.21 記述
「復興、見える場所ばかり」 福島事故被災の楢葉町
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201907/CK2019072102000153.html

福島)南相馬の北泉、新地の釣師浜 9年ぶりに海開き
https://www.asahi.com/articles/ASM7N4FZLM7NUGTB015.html


2019.07.20 記述
サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,021回 /これまでの排水量 712,389t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 5,468億9,454万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

福島第二原発の「廃炉」 7月中にも正式決定へ(19/07/20)


第二原発廃炉 月内決定へ 東電、福島県内ゼロに
https://www.minpo.jp/news/moredetail/2019072065416
https://www.minpo.jp/common/img/shimen/shimen.pdf?1563573605

「福島第2原発」正式全基廃炉へ 東京電力、近く福島県に打診
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190720-398208.php
http://www.minyu-net.com/news/gougai/gougai-pdf/20190720_083221.pdf

【個人的見解】しかし良く考えてみると、このタイミング(参院選期間中)に、情報を流すこと (作戦?)で、
自民党の手柄として考える福島県民もいるかもしれない。県内の浮動票狙いみたいな感じもして政 治的な匂いが
プンプンするぞ!!。だって東電の議決権付き株式の過半数は経産省だからね。


2019.07.19 記述
東大・福島医大「研究不正なし」〜宮崎・早野論文
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2413

東大・福島医大「研究不正なし」〜宮崎・早野論文


東大名誉教授の論文、捏造を否定 福島の被曝線量過小に
https://www.asahi.com/articles/ASM7M5J43M7MULBJ00W.html

以下上記より一部引用

東大は19日、「誤りは故意ではなく、研究不正ではない」とする調査結果を発表した。共著者が 所属する福島県立医科大も、
意図的な捏造(ねつぞう)ではないと発表した。


引用終わり


福 島県立医大論文に「不正なし」 被ばく線量を同意ないまま使用
https://this.kiji.is/524810387528516705?c=39546741839462401

以下上記より全文引用

東京電力福島第1原発事故後、論文に住民の個人被ばく線量が本人の同意がないまま使用され、被ばく線量を過小評価するミスも
見つかった問題で、福島県立医大の調査委員会は19日「故意ではない誤りはあるが、捏造などの研究不正は認定できない」とした
報告書を公表した。本人同意に関して「倫理指針に対する重大な不適合はなかった」とした。

論文は同大の宮崎真講師と早野龍五東京大名誉教授の共著で、英専門誌に掲載された。同県伊達市は2015年、住民の被ばく線量の
分析を著者側に依頼し、データを提供。論文に使われた約5万9千人分のうち、約2万7千人分は研究への利用に同意がなかった。

引用終わり

原発事故 被ばく量ねつ造疑い指摘の論文「不正はない」調査委
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190719/k10011999231000.html

以下上記より一部引用

「意図的な改ざんの可能性高い」不正申し立て支援の専門家

研究不正の申し立てを行った伊達市の市民団体を支援する高エネルギー加速器研究機構の黒川眞一名誉教授は「データの
解析方法や掲載されたグラフについて意図的な改ざんやねつ造が行われている可能性が高い。研究者として許されるもの
ではなく強い憤りを感じる」と今回の調査結果を批判しました。

引用終わり

宮ア・早野論文 調査委は「違反・過失認定できず」と発表
https://mainichi.jp/articles/20190719/k00/00m/040/399000c

東京大学 科学研究行動規範委員会
https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400120284.pdf

福島県立医科大学 研究活動に係る不正行為に関する調査結果について(概要)
https://www.fmu.ac.jp/univ/daigaku/topics/data/20190719_press.pdf

以下上記より一部引用

7.結論 当該研究においては、研究計画書からの逸脱等は散見されるものの、倫理指針に対する重大な不適合に該当するものではなかった。
また、第2論文中に故意ではない誤りは認められたものの、捏造・改ざん・盗用に該当する研究 不正については認定できない。

引用終わり

あり得ない身内の調査結果に驚愕!!。同意なしでも研究のためならOK!?、福島県 民はモルモットか!?。

福島第2原発、正式廃炉へ 東電、柏崎刈羽のみ保有に
https://this.kiji.is/524952370042618977?c=39546741839462401

どうやら本当のようですね。

東電、福島第2原発廃炉を月内正式決定へ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47558200Z10C19A7MM8000/

以下上記より一部引用

東京電力ホールディングスは福島第2原子力発電所の全4基を廃炉にする。月末の取締役会で正式に決める。原発事故を起こした
福島第1を除くと、東電が廃炉を決めるのは初めて。東日本大震災以降、廃炉を決めた原発は福島第2を入れて全国で21基に上る。
原発比率2割を掲げる政府の2030年のエネルギー基本計画の達成は一層難しくなってきている。

引用終わり

本当なら嬉しいニュースだ!!。

地下水バイパスにおける、これまでの海洋への放出回数 282回 /これまでの排水量 480,604t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 677億 1,855.5万Bq(第三者機関測定値)
サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,020回 /これまでの排水量 711,391t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 5,460億 7,618万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

先月の食品分析、基準超過は8件 南相馬市 /福島
https://mainichi.jp/articles/20190719/ddl/k07/040/162000c

食品規制の撤廃要求 日本、WTOに敗訴後初
https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201907/CK2019071902000305.html

汚染廃棄物の焼却停止認めず 仙台高裁「放射性セシウム検出されず」
https://www.sankei.com/life/news/190719/lif1907190027-n1.html

規制委回答に柏崎市長「不誠実だ」 連絡ミス問題で所感
https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190719483592.html

参院選2019:県内の課題/下 県外搬出、めど立たず 使用済み核燃料一時保管 /福井
https://mainichi.jp/articles/20190719/ddl/k18/010/246000c


2019.07.18 記述
【甲状腺検査 本格検査(検査2回目)の結果及びその結果に対する評価】
上記のようなタイトルで今月末までに福島県は評価を公表する予定らしいが「放射線との関連はな い」とする可能性は高い。
これを同県は公開の場での議論や検討は行われずに公表しようとしているのだ。県民として到底納 得出来ない。

県民健康調査検討委員会第1〜3回までは非公開で議論が行われ、現在の制度設計が構築された が、県民の見えないところで
秘密の会議を行った反省はどこへ行ったのだろうか。委員の任期期間も明示されることはなかった し不透明極まりない状態
逆戻りしているように感じている。県民は異議を唱えるべきだ。


検査される側の子ども達に、大人はこれをどのように説明すればよいのだろうか。福島県には当該 案件についての説明責任
あるはずだ。同県は県民が納得できる回答を用意せよ。


サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,019回 /これまでの排水量 710,521t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 5,453億 2,798万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

核燃料取り出し装置が故障 福島第1原発、継ぎ手破断
https://this.kiji.is/524417427719013473?c=39546741839462401

福祉関連施設が起工 大熊、来年2月末完成へ
https://www.minpo.jp/news/moredetail/2019071865343

箱は出来るかもしれないが、当該施設で働く若い人材は確保出来るのかな?。

公表データ5千カ所に誤り、福島第1原発の放射線量
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47465840Y9A710C1000000/

原 子力規制委委員長「しかるべき対処が必要になる」(19/07/17)


昨日の報道から、避難指示区域外の賠償額が今後膨大になれば、原電を支援する余裕がなくなるの は当然。
優先順位は賠償が先、原電支援は後だからね!。つまり今後、東電も原電もガタガタになる可能性 が出てきた訳だ。

原子力規制委員会 定例記者会見(2019年07月17日) 吉野記者の質問はここから


東海第二再稼働 誰が決める? シール投票で問う
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201907/CK2019071802000159.html

核燃料の中間貯蔵施設を現地調査 規制委、審査終了見通せず
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019071801001235.html

伊方原発 サイバー攻撃想定の合同訓練
http://www.news24.jp/nnn/news16402515.html


2019.07.17 記述
サブドレ ン等における、これまでの海洋への放出回数 1,018回 /これまでの排水量 709,520t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 5,444億 6,712万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

【「武黒さんを通じて」って会話がありますね!!】
https://youtu.be/HA3OFZb7vR0

3.11東電福島原発事故 炉心溶融隠蔽問題
https://www.nomorefukushima2011.com/roshin.html

慰謝料増額訴訟 和解勧告の方針
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190717/6050006193.html

以下上記より一部引用

福島市や二本松市など中通りに住む、女性を中心としたおよそ50人は原発事故によって被ばくの 不安を感じさせられた
などとして、東京電力に対し、慰謝料の増額として、あわせておよそ9900万円の支払いを求め る訴えを3年前に起こしました。

引用終わり


東電HD、年初来安値 賠償命令を嫌気
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47441850X10C19A7EN1000/

これ避難指示区域外に及ぼす影響は大きいな。こうなると、原子力損害賠償紛争審査会の中間指針 追補なんで意味ないよね。

見て見ぬフリの安倍政権 福島原発事故被災者に2倍家賃請求
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/258439

放射性物質の影響研究 施設完成
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190717/6050006188.html

以下上記より一部引用

センターは、魚介類への放射性物質の影響を研究し、科学的な知見を正しく発信することを目的に しています。

引用終わり


当該施設ではβ核種まで調べられるのかな?。映像に「Ge半導体検出器で測定」の文字があった から、γ核種までかな?。。。
16億円でこれですか!?。これ市民放射能測定室未満レベルじゃんか!。

線量データ 単位を誤って掲載
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190717/6050006194.html

こんな体たらくでは事故収束なんて出来ませんぞ!。

格納容器の上ぶたのずれなど確認
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190717/6050006192.html

東京の放射能は安全?韓国の環境団体がIOCに質疑へ=韓国ネットからは「五輪ボイコット」の声も
https://www.recordchina.co.jp/b729933-s0-c30-d144.html

以下上記より一部引用

選手、メディア、観客が摂取する飲食物は放射能から安全なのか」「五輪開催地の選定過程で日本から信頼できる資料を十分に
受け取ったのか、専門家による調査団を構成し、放射能汚染と五輪の安全性について調べたことはあるのか」と質問しているという。

引用終わり

国際社会から見る3.11東電福島原発事故による放射能汚染に対する評価は、今後も 科学的な観点から問われるだろう。
「土壌」を検査・評価されたらどうなるのかな?。

五輪で福島県食材活用を 内閣府食堂で特別メニュー提供
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190717-397055.php

原子力規制委「東電指導する」 6月地震時の原発誤情報で
https://this.kiji.is/524116550416172129?c=39546741839462401

「柏崎の審査結果を白紙にする」くらいの指導じゃないと利きませんよ。「覚悟」がないんだか ら。

足元でかすむ「再稼働」求める声 世界最大級の柏崎刈羽原発
https://genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/1088

モミの木のセシウムの動きを可視化
https://genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/1083

玄海原発、運転容認決定が確定 福岡高裁抗告審
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/401101

IAEA、天野事務局長が辞意 任期途中、健康状態悪化
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019071701002325.html


2019.07.16 記述
サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,017回 /これまでの排水量 708,506t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 5,436億 7,620万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

原 発避難、今も苦しむ シンポで当事者ら訴え 福島
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190716_63047.html

福島 飯舘村で大震災後 初めて乳牛の飼育を再開
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190716/k10011994791000.html

新潟・柏崎で避難訓練 中越沖地震12年
https://this.kiji.is/523683991082648673?c=39546741839462401

東電が45億円を賠償へ カナダのウラン購入で
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47391820W9A710C1TJ1000/

ラジウム入り衣料を未承認販売容疑 健康機器販売会社の社長ら3人書類送検
https://mainichi.jp/articles/20190716/k00/00m/040/073000c


2019.07.15 記述
サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,016回 /これまでの排水量 707,497t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 5,428億 8,918万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!
昨日 (2019.07.14)サブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は6100億Bq超となりました。

2019.7.15 海の日ACTION 守りたい〜ふるさとの海

●講演・歴史が語る福島県の津波地震 都 司 嘉宣氏(地震学者・地震津波防災戦略研究所代表・元東京大学地震研究所准教授)
●報告・汚染水海洋放出をめぐる動き 水藤 周三氏(認定NPO法人高木仁三郎市民科学基金)
●アイヌの踊り

福島県、東電に津波 対応催促していた
https://level7online.jp/?p=3851

上記より一部引用

東京電力福島第一原発事故の3年前、福島県が東電に対して、津波の想定見直しを2回にわたって要請していたことが、福島県の開示文書や、
東電の社内文書からわかった。事故前に、県が東電に津波のことを問いただしていたことがわかったのは初めて。県の要請にもかかわらず、
東電は「注目されている、出せない」と想定見直しを引き延ばし、対策着手を遅らせ、事故につながったことがわかる。

引用終わり


【県民健康調査課からの回答】
2017.2.23 県民健康調査課は、私に対して「7月10日から新たな任期」と説明したが、今月の10日に同課より、
これとは異なる説明を受けました。これは公務員法、公務員倫理規程違反に該当するのかな!?。
https://twitter.com/NMFUKUSHIMA2011/status/834595511726284800 私が記述したこのツイートが証拠物。

甲状腺エコー検査、子どもら100人が受診 真岡で初実施
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/194922

9年ぶりに投票所開設、福島 原発立地の大熊町で期日前
https://this.kiji.is/523376320108463201?c=39546741839462401

東京)原発避難、原発労働…市民団体ら研究発表 杉並
https://www.asahi.com/articles/ASM7G577YM7GUTIL00L.html

柏崎原発、再稼働見通せず 16日で中越沖地震12年
https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190715482672.html


2019.07.14 記述
サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,015回 /これまでの排水量 706,514t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 5,421億 6,176万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

いわきの4カ所海開き 久之浜・波立海水浴場9年ぶり
https://www.minpo.jp/news/detail/2019071465248

この状況下で規制委員会は1F汚染水を薄めて流せ!と。

【明日開 催予定 7.15海の日ACTION 守りたい〜ふるさとの海】
https://skazuyoshi.exblog.jp/28363610/

<参院選 公約点検>(6)原発 「将来も使う」自民鮮明
https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201907/CK2019071402000131.html

将来も使う=将来も事故る、自民=事故の元。


2019.07.13 記述
事故当時の対策本部解体へ 旧県原子力災害対策センター 福島・大熊町
https://www.sankei.com/photo/story/news/190713/sty1907130006-n1.html

<東 通原発>審査5年、なお序盤 直下断層巡り議論長期化 再稼働は先行き不透明
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190713_23019.html

仏 高速増殖炉の廃炉作業公開 「もんじゅ」廃炉協力に意欲
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190713/k10011992051000.html


2019.07.12 記述
「福島の甲状腺検査は即刻中止すべき」といえるのか?
朝日新聞『論座』に掲載された記事のおかしさ

https://hbol.jp/196775?cx_clicks_art_mdl=4_img

【ふるさとを返せ 津島原発訴訟】東電代理人の「年20mSvまで安全」発言に法廷は騒然。
「奪われた津島での酪農」「自分で建てた家が汚染」〜2人の男性原告が本人尋問

http://taminokoeshimbun.blog.fc2.com/blog-entry-337.html

福島の自主避難者が損害金に抗議 県が家賃の2倍を請求
https://this.kiji.is/522288499802883169?c=39546741839462401

地下水バイパスにおける、これまでの海洋への放出回数 281回 /これまでの排水量 478,859t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 675億 2,660.5万Bq(第三者機関測定値)
サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,014回 /これまでの排水量 705,685t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 5,415億 5,659万Bq
(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

福島・広野のADR90世帯和解 東電が一定の増額で、計9千万円
https://this.kiji.is/522341883082064993?c=39546741839462401

<南相馬・小高地区の憂鬱>病床の行方 賛否交錯、再協議の場を
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190712_63024.html

郵便車両で放射線量測定、帰還促進狙う 南相馬で出発式
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190712_63041.html

<福 島第1原発>1号機建屋の作業床の画像を公開
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190712_63005.html

新CMで福島産の桃と夏野菜PR TOKIO出演、都内で発表会
https://this.kiji.is/522303503191393377?c=39546741839462401

250人分のアドレス漏えい=メールの設定ミス−原子力規制庁
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071200869&g=soc

伊方特重施設、工事計画5分割に 工期短縮目的 四電が新申請書提出
https://www.47news.jp/localnews/3769745.html

<参院選ルポ>1.5キロ先に東海第二 高齢者施設「避難できない」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201907/CK2019071202000138.html

チェルノブイリ原発で式典 シェルター内部稼働、解体へ前進
https://this.kiji.is/521807332757423201?c=39546741839462401

沈没したロシア原潜から80万倍の放射線 ノルウェー沖
https://www.bbc.com/japanese/48959841


2019.07.11 記述
【県民健康調査】誰のための委員会?何のための議論?「事故との因果関係否定」に反対続出も、
座長は早期決着に固執。会見も打ち切り、県民は「任期や時間より徹底した議論 を」

http://taminokoeshimbun.blog.fc2.com/blog-entry-336.html

FFTV 続報 福島の甲状腺がんはいま〜紛糾した県民健康調査検討会


短編映画「東電刑事裁判 動かぬ証拠と原発事故」Youtubeで公開!


農家が東電を相手取った民事裁判が結審
http://www.news24.jp/nnn/news16273382.html

除染土壌の最終処分法など検討案情報提供へ 環境放射能学会
https://www.minpo.jp/news/detail/2019071165136

連絡ミス再発防止へ当直体制の見直し検討 柏崎刈羽原発所長が会見
https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190711482062.html

ヨウ素剤配布 県は規制委指針通り 東海第二5キロ圏の住民対象
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201907/CK2019071102000173.html

伊方3号機のテロ対策工事、四国電が計画再提出
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47248990R10C19A7LA0000/

むつ・中間貯蔵施設 規制委が18日視察
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/217792

「有事に体が動く組織に」原子力規制庁の荻野新長官が会見
https://www.sankei.com/life/news/190711/lif1907110027-n1.html


2019.07.10 記述
【県民健康調査検討委員会員及び部会員の任期について】
【県民健康調査検討委員会員、甲状腺検査評価部会員及び学術研究目的のためのデータ提供に関する検討部会 員の任期は昨日付けで満了!】
資料9「県民健康調査」検討委員会等の委員改選について 平成29年6月5日
https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/219718.pdf

お疲れ様でした。

よって、7月8日に行われた県民健康調査検討委員会後の記者会見で星前座長が言及した「7月31までの任期」は事実に反すると思われ、甲状腺検査
評価部会から提案された2巡目の検査に対する評価案の修文及び取りまとめは次回の新規検討委員会開催以後まで出来ないものと思われます。

また「県民健康調査」検討委員会運営要領
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/65129.pdf によると、「臨時会は、前項の定例会開催以外に
座長が必要と認めた場合に開催するものとする」と規定されているので、臨時会は開催出来ない状況と思われます。

また「県民健康調査」検討委員会設置要綱
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/240820.pdf によると「第4条 委員会の会議は、座長が招集する。
ただし、委員の任期満了に伴い新たに組織された委員会の最初に開催される会議は、知事が招集する」となっている。

上記案件は本日担当課へ質問します。福島県は自ら定めた規定の着実な執行を是非とも宜しくお願い申し上げます。

【県民健康調
査課からの回答に驚愕!!】
本日、当該案件を福島県県民健康調査課に確認したところ、同課は「委嘱状に任期は平成29年8月1日から平成31年7月31日までと明記されている」との こと。
また「2017年2月23日に私へ回答した
https://twitter.com/NMFUKUSHIMA2011/status/834595511726284800 の記録は、現状確認 出来ない」とのこと。現状って、、、

私への回答はなんだったのかな!?、県民への説明と実際 の任期が異なる事態は到底承服出来ません。また県民健康調査課には、そのこと自体の責任が
問われるのではないかと思います。また、これまで具体的な任期期間を明示してこなかった責任も問われるのではないでしょうか。

そして、こちらから「すると平成29年7月10から平成29年7月31日までの期間は検討委員会としての空白期間と理解するが、それでよいか」に対して、
同課は「その通りです」と回答しました。本日の回答は全て同課職員T氏からのものです。私からのご報告は以上です。

このことから、私には確認出来ませんが、検討委員会、甲状腺検査評価部会、学術研究目的のためのデータ提供に関する検討部会の「委嘱状での任期は
平成29年8月1から平成31年7月31までと一致」していなければなりませんね。
その根拠はこちらの文書です。
https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/219718.pdf

どちらにせよ、今月末までに非公開で議論検討され修文された、甲状腺検 査2巡目の評価報告書が福島県に渡されようとしているのは確かですね。
(本質的には、こちらの方が大問題!!)

サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,013回 /これまでの排水量 705,078t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 5,410億 4,671万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

<福島第1原発事故>自主避難に「家賃2倍」県、退居期限で損害金請求
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190710_61039.html

除染土仮置き場で死亡事故、福島 飯舘村、作業員男性
https://this.kiji.is/521668420150363233?c=39546741839462401

韓国 WTOで日本の輸出規制を批判 日本も反論し激しく対立
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190710/k10011988271000.html

玄海原発の運転差し止め認めず 福岡高裁「具体的な危険ない」
https://this.kiji.is/521557317250548833?c=39546741839462401

女川再稼働審査、最終盤に 今月にも終了「合格」へヤマ場
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190710_13009.html


2019.07.09 記述
福島自主避難者に家賃の2倍請求 住宅支援期限切れで県
https://this.kiji.is/521246395430962273?c=39546741839462401

酷過ぎるぞ福島県。

福島原発事故の論文分析へ 新潟県・三つの検証「健康分科会」
https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190709481540.html

以下上記より一部引用

原発事故による健康への影響を調査する福島県立医科大の教授2人から今後話を聞く方針も決め た。会合後、座長の
鈴木宏・新潟大名誉教授は
「福島事故による低線量被ばくは分からないことが多 い。福島の先生に来てもらい、実態を
つかみたい」と述べた。


引用終わり


【新潟県 健康対策課成人保健係に問い合わせました】県の担当者によると:「教授2人から今後話を聞く方針も
決めた」は書き過ぎの感ありで、
木村委員から鈴木眞一名誉教授と大平哲也教授を 招聘しては?、との意見が
あり、秋葉委員も「そうですね」とそれに同調。鈴木座長も検討すると
した。との こと。それを受けて、今後県事務局
は福島県立医大に対してコンタクトを、どのように取るかを模索する。とのことでした。今後の動
向を注視したい。

福島県より新潟県の検証の方がまじめに取り組んでいるように思えるね!!。

甲状腺がん報告書を一部修正へ〜 「被曝と関係認められない」見直し
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2411

どの報道よりも上記の報道が正確に検討委員会での出来事と問題点を整理しています。皆様ご一読 ください。

【福島県県民健康調査検討委員会の座長の任期(今月末満了)について】
その根拠はどこからでしょうか?、委員の任期は本日7月9日までです。
これとは別に座長の任期が存在するとは知りませんでしたので、本日中に担当課に質問します。
(どこかの文書に明示されているかな?)
私はこちら(委員の任期)以外を知りません。
https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/219718.pdf
【YAMAHAのアンプで増幅 しSONYのモニターヘッドホンで聴きとった】
星座長「私も任期が7月31日に切れますので」 https://youtu.be/q-rneDeOS4A?t=3h36m29s 「も」と言っています。これ は事実と違いますよ。さん!。
ですので、「本日中に甲状腺検査2巡目の評価をまとめることは不可能に近い!!」と 思う。 【訂正】明日10日に担当課に質問します。

福島)甲状腺がん「被曝と関連なし」検討委も大筋了承

https://digital.asahi.com/articles/ASM7845L2M78UGTB007.html?rm=373

以下上記より一部引用

星北斗座長は、検討委としても部会報告が認められたとの考えを示した。さらに、委員任期が7月 末で切れることに触れ、
2巡目に関する評価を任期中に行う考えを示した。

評価の取りまとめは、この日の意見を受けて文案をつくり、委員同士のメールなどで調整する。星 座長は検討委終了後の
記者会見で「任期の中で受けた報告は、任期中に受け止めたい」と述べた。また、検討委を開かず に取りまとめる点につ
いて「密室ではないか」との質問に対して、「この場で出された委員の意見などの範囲内で行うの で、密室には当たらない」
と述べた。

引用終わり

「検討委を開かずに取りまとめる」!?、 そんなに急ぐ理由って何んだろう。任期が今月末だからかな?。
1巡目の先行検査の評価は、
文言の修正とか色々相当時間を掛けていたのを思い出しますね。

「甲状腺検査」結果報告の表現一部修正へ 県民健康調査検討委
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190709-394681.php

以下上記より一部引用

星座長は記者会見で「どんな修文をするかは決めかねている。意見を付記するという委員の意見も あった」と述べ、
今後、修正した文書を配布し、意見を募る考えを示した。

引用終わり

誰が誰に意見を募るの!?。

修正含め月内に見解 甲状腺検査2巡目結果の評価
https://www.minpo.jp/news/moredetail/2019070965071

以下上記より一部引用

中間報告を踏まえ、現委員の任期である七月末までに二巡目の結果に対する同委員会としての見解 をまとめ、県に報告
することを申し合わせた。

引用終わり


「見解の取りまとめ」を月内にねぇ〜???。本当は今日までなの にねぇ〜!。

検討委、被ばくの関連認めず 福島・原発事故甲状腺検査 評価部会の報告書受理
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190709_63049.html

甲状腺検査3巡目...新たに3人がん診断 確定18人、疑い6人に
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190709-394687.php

以下上記より一部引用

1〜4巡目と25歳時の検査を合わせると、がん確定は173人(手術で良性と確認された1人を 除く)、がん疑いは44人となった。

引用終わり


※注意:これ「枠外除く」人数だべ!。

テロ対策施設の準備工事で重機が宙づりに けが人なし 柏崎刈羽原発
https://mainichi.jp/articles/20190709/k00/00m/040/353000c

オフサイトセンターで訓練
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190709/6050006117.html

東海再処理施設を英専門家が視察 廃止措置に助言も
https://this.kiji.is/521234182437569633?c=39546741839462401

四国4県議会正副議長 震災対策強化など 国に要望
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201907090069

高浜原発再審査、9月申請 警報なし津波の対策で
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47144280Z00C19A7CR8000/

廃炉向け遠隔システムのデモ室を開設 三井E&S系
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47141160Z00C19A7LC0000/

原発安全費、想定の3倍超す 関電・九電1兆円規模
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47084510Y9A700C1SHA000/

それでもまだやるか!?。


2019.07.08 記述
2019.7.8 第35回「県民健康調査」検討委員会 関連ツイートまとめ
https://togetter.com/li/1374277

今回の検討委員会は酷過ぎる!!、記者会見も同様!!。歴史に残る会合&会見だったようだ。
座長の星氏は5時に退出を宣言し開始された
記者会見は、実質31分間で質問が続く中、県側が強制終了し、星氏はバックを抱えて真っ先に退出。

そもそも甲状腺検査評価部会での検査2巡目の評価については、実質1回の議論・検討しかなされていません。強引に「取りまとめ」を図っている
ように感じられてならない。また委員であった明石氏は放医研を退職したので、検討委員会の委員を辞任したとのこと。無責任極まりないぞ!。
辞任を受理した福島県も著しく無責任だ。総じて「放射線との関連はない」との結論ありきで進行する部会と検討委員会は批判されて当然です。

このような経緯を大手メディアは報じずにいる(記事の文面には表わさない)こと自体が不思議でならない。下記のNHKの報道では「了承」となって
いて、「了承」だけが前面に出ている格好となっている。上記の「関連ツイートまとめ」を読めば短時間で本日の会合の様子が良く分かりますよ。

第 35 回「県民健康調査」検討委員会


2巡目の甲状腺検査 見解を了承
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190708/6050006108.html

甲状腺がん報告を一部修正 福島県の検討委「結論が早急」
https://this.kiji.is/520906393712002145?c=39546741839462401

甲状腺がん、累計173人に=昨年末から5人増− 福島県
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019070801025&g=soc

サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,011回 /これまでの排水量 703,408t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムは およそ 5,394億3,638万Bq(第 三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

福島第1原発事故で放出のセシウム、既に日本近海に戻る
https://mainichi.jp/articles/20190708/k00/00m/040/052000c

原 発避難の高校生、ローマ法王と謁見「多くの福島の人々が傷つき、
分断されています」現在も続く事故の被害を訴える

http://bigissue-online.jp/archives/1075088377.html

原発耐震性を再評価へ 規制委案、未知の活断層に備え
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47072590Y9A700C1MM0000/

<参院選>選挙サンデー 有権者の声 「経済の安定を」「再稼働やめて」:茨城
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201907/CK2019070802000143.html


2019.07.07 記述
サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,010回 /これまでの排水量 702,676t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 5,387億 0,438万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

がん 早期発見・早期治療が善であるとは限らない - 名郷直樹
https://webronza.asahi.com/national/articles/2019070300008.html

明日の検討委員会前に朝日新聞は何を考えているのかと思う。

福島)飯舘村民ADR申し立て団が解団 個別申し立てへ
https://www.asahi.com/articles/ASM764DJ8M76UGTB00D.html

以下上記より一部引用

避難慰謝料とは別に初期被曝(ひばく)慰謝料を一部の住民約140人に1人あたり15万円など を支払う和解案も別個に
示されたが、東電が拒否したため、昨年5月に打ち切られた。集団申し立てでは進展が見込めない ため、解団を決めた。

引用終わり


「集団ADR」については東電も経産省も「個別に丁寧に真摯に対応」と言うが、国会での安倍の 答弁「指導させる」は
「完全にブロック」と同じ「嘘」だったことが、これでバレたな!!。こんな政権に21日は選挙 で「NO!」の一票を投じたい。

3. 11被災 固定資産税の減額終了へ 原発避難者、税6倍にも
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201907/CK2019070702000157.html

「女性候補」大票田の中通りで舌戦! 参院選、公示後初の週末
http://www.minyu-net.com/news/saninsen2019/FM20190707-394147.php

一部引用

水野候補は福島、伊達、郡山各市などを巡った。アベノミクスを批判し、10月の消費税増税中止 を掲げ野党統一候補の
立場を前面に。復興、地方創生実現へ「福島から声を上げ、社会を変えていく」と呼び掛けた。

引用終わり


核のごみ地層処分アンケート “適地あるか懸念”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190707/k10011985051000.html

「今だけ金だけ自分だけ」の成れの果て!しかも現在進行形で増加の一途!原発は即刻全基廃炉 だ。


2019.07.06 記述
月刊『政経東北』2019(令和元年 7月号)
甲状腺がん「被曝との関連無し」の虚妄 放射能のリスクは確実にある

http://www.seikeitohoku.com/

以下上記より一部引用

一巡目検査の結果をまとめた2015年の報告書に引き続き、原発事故との因果関係を否定する内容となったが、
この中間報告に違和感を唱える専門家は少なくない。

引用終わり


サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,009回 /これまでの排水量 702,146t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 5,381億 2,138万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

「原発避難者への懲罰的な「2倍家賃」請求を止めてください」
https://bit.ly/30aKmVZ

福島第1原発で「労災隠し」疑い 下請け会社社長ら労基署が書類送検
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190706_63024.html

氏先行、水野氏追う 参院選世論調査福島県選挙区序盤情勢
https://www.minpo.jp/news/detail/2019070664966

水野候補には「汚染水の海洋放出絶対反対!」と大きな声で叫んで欲しい。県民の共感は得られる と思う。

南海トラフと連鎖で 富士山噴火、発生なら政治経済混乱
https://www.news-postseven.com/archives/20190706_1405466.html


2019.07.05 記述
3.11以後の科学リテラシ科学リテラシーno.80 (印刷前プレプリント期間限定公開)
https://www.iwanami.co.jp/kagaku/311igono80.html

「新潟県原子力発電所事故による健康と生活への影響に関する検証委員会」第5回健康分科会を開 催します
http://www.pref.niigata.lg.jp/kenko/1356905008366.html >開催日時 令和元年7月8日(月)14: 00〜16:00(予定)
うわっ!開催が福島県県民健康調査検討委員会と完全に重複!。。。

サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,008回 /これまでの排水量 701,588t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 5,375億 0,758万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

3号機・核燃料の搬出再開 第1原発、共用プールに移送へ
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190705-393621.php

労災隠し 建設会社など書類送検
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190705/6050006086.html

放射性物質漏れで2人が給与返納 原子力研究開発機構、懲戒処分も
https://this.kiji.is/519795362060829793?c=39546741839462401

志賀原発構内で電源車が火災 放射性物質の漏れなし
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47004760V00C19A7LB0000/

再処理工場、高レベル最終処分場に全力 電事連の岩根会長
https://www.sankei.com/life/news/190705/lif1907050022-n1.html


2019.07.04 記述
地下水バイパスにおける、これまでの海洋への放出回数 280回 /これまでの排水量 477,135t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 673億 1,972.5万Bq(第三者機関測定値)
サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,007回 /これまでの排水量 701,064t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 5,369億 3,118万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

福 島・大熊町、商業施設整備に遅れ 災害公営住宅入居1カ月
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46911480T00C19A7L01000/

以下上記より一部引用

2020年に完成を予定していた商業施設などの整備が、東京五輪などの影響で遅れることが新た に判明した。様々な課題が浮上する中、
住民らは手探りの暮らし再生を続ける。

引用終わり

この記事内容は参議院選にも影響すかもしれませんね。

福島第一原発3号機 使用済み燃料プールからの取り出し再開
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190704/k10011981981000.html

公示日と重なったのは偶然か!?。

福島選挙区に3人立候補 論戦スタート、参院選公示:県内選挙
http://www.minyu-net.com/news/senkyo/FM20190704-393257.php

東電に抜本的改善要請
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO46917620T00C19A7L21000/

ヨウ素剤を今後も希望者に配布 県が体制を維持:福井:
https://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20190704/CK2019070402000012.html

規制委「再処理工場」審査、合格時期は不透明/航空機落下など再議論
https://www.denkishimbun.com/archives/42206

原発新増設「否」に挙手せず、自民総裁のみ
http://economic.jp/?p=85843


2019.07.03 記述
「隠された初期被ばく」の見える化を〜福島県に要望書を提出 福島県・国と会合 深まる謎
http://www.foejapan.org/energy/fukushima/190703.html

以下上記より一部引用

浪江町津島から避難された菅野みずえさんは、3月15日、避難途中の郡山総合体育館でスクリーニングを受けました。そのとき、測定器の針が振り切れ、
10万cpm以上を示していましたが、名前もきかれず、記録にも残されませんでした。他にもそのような方々はいらっしゃるでしょう。

菅野さんはその後、甲状腺がんを発症され、手術を受けました。しかし、原因を究明しようにも、当時の被ばくの記録が残っていませんでした。
>福島県緊急被ばく医療活動マニュアルと原発事故直後のスクリーニング時の対応について http://www.foejapan.org/energy/fukushima/pdf/190703_3.pdf

引用終わり

まずは事実の解明ですね。実際の経緯や指示系統の調査、最終的には責任の追及です。

ヨウ素剤服用、若年者を優先=原発防災指針など改正−規制委
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019070300571&g=soc

以下上記より一部引用

「安定ヨウ素剤」の取り扱いについて、原子力災害対策指針(防災指針)と解説書の改正案を正式 決定した。
若年者らの服用を優先し、事前配布の対象を原則40歳未満とすることなどが柱。

引用終わり

「原則」ですからね!。30Km以遠でも住民が地域の自治体と交渉して事前配布すれ ば良い。いわき市の例がありますよ。

規制委員長、柏崎原 発に意見 「連絡ミス影響しない体制を」
https://this.kiji.is/519078725807653985?c=39546741839462401

毎度のことだが、東電ってダブルチェックやってんのか!?。やっての結果がこれなら 核発電から手を引けよ!。

柏崎刈羽原発の廃炉計画 東電が地元説明に難航 新潟地震のミス響く
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46910640T00C19A7916M00/

放射能濃度、再測定へ 「指定廃棄物」処分問題 一時保管6市町に環境省
https://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201907/CK2019070302000172.html

当然8年経過後に「再測定したら減衰して指定廃棄物が減る」。これを福島県内で行えば中間貯蔵 施設も小さくなる。
これって行政によるレトリックじゃね!?。栃木県だけの話ではないね。

復興、健康づくり提言 県議会特別委 議長に調査報告
https://www.minpo.jp/news/detail/2019070364863

原発の火山評価指針見直しへ 規制委、訴訟で指摘受け
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46906650T00C19A7000000/

以下上記より一部引用

見直すのは規制委が原発の火山対策を電力会社に求める際の指針「火山影響評価ガイド」。規制委 の更田豊志委員長は3日の定例会合で
「読みにくさが指摘されており、記述の明快さについて改善の余地がある」と述べ、原子力規制庁 に見直しの検討を指示した。

同ガイドは過去の訴訟で、噴火をある程度予測できることを前提としている点などが「不合理」と 指摘された。6月17日に原告敗訴の判決
が出た九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)の設置許可取り消しを求めた行政訴訟でも、福岡 地裁が指針について「不合理でないと立証
されたかどうか疑いが残る」と指摘した。

引用終わり


自然現象の噴火など「ある程度」「予測出来る」はずがありません。「科学的、技術的観点から」 (更田氏の常套句)その可能性は低いだろうよ。
もし「ある程度予測出来る」と言うのなら、過去の噴火事例で「予測出来た」割合を示すべきだ。何パーセント予測出来たのですか!?。

原子力規制委、再処理工場の安全審査に「相当な時間」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46907680T00C19A7000000/

以下上記より一部引用

更田委員長は「審査期間に関して見通しが言える状態にない」との認識を示した。

引用終わり

断層の調査や施設の老朽化で当分稼働出来ないだろうね。

警報ない津波、再審査へ 高浜原発・安全対策で規制委
https://mainichi.jp/articles/20190703/k00/00m/040/367000c

東海第二再稼働 反対表明を 市民団体が1347人分 常陸太田市長へ署名簿
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201907/CK2019070302000164.html

高レベル廃液固化、8日再開 東海再処理施設で2年ぶり
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201907/CK2019070302000163.html

<参院選>「電力」候補、議席に危機感 再稼働推進・脱原発をけん制
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201907/CK2019070302000143.html

南海トラフ地震を前に連鎖する地震 大阪、京都でも急増
https://www.sankei.com/west/news/190703/wst1907030001-n1.html

チェ ルノブイリ「石棺」をさらに外側から覆う新シェルター設置
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190703/k10011979971000.html


2019.07.02 記述
委員、直前まで知らされず〜被曝否定の根拠データ
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2410

以下上記より一部引用

福島県で実施されている甲状腺検査について、「2巡目の甲状腺がんと放射線被曝との間には因果 関係なない」と結論づけた
甲状腺検査評価部会の報告書。その根拠となる解析データが間違っていた問題で、委員が修正デー タを受け取ったのは、報告
書の公表が迫るわずか1週間前だったことが県議会で判明した。データに関する検証も説明がない まま、報告書が公表に至っ
たことになる。

引用終わり

記事中にある「戸田部長は、「議論が足りない、データが足りないとい うなら、部会や委員会の中で議論される話」だとして、
県の関与を否定した。」は、役人お得意の責任転嫁事案では!?、結論ありきで進行する姿が見て取れるね。以前から
感じているが、シナリオは県立医大が書き、県はそれに従って動いているようだ。委託事業発注元がこれでは東電と同
じ無責任構造と言えるのではないか。


委員、直前まで知らされず〜被曝否定の根拠データ


<福島第1原発事故>今秋にも原発構内を巡る住民向けツアー 資源エネ庁など企画
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190702_63028.html

1F観光地化推進計画だな!。

サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,006回 /これまでの排水量 700,545t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 5,363億 0,838万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

【2019.7.1 廃炉・汚染水対策福島評議会(第19回)動画視聴の正直な感想】:評議会に参加している福島県内の有識者や首長の知識の程度が知れた会議で した。
奥田氏は少しは正直でしたが、松永氏の「議論中」の嘘は頂けません。奥田氏の「次回開催調整 中」に対して誰も
「次回開催の目途や長期間停止の理由」を問うことはしませんでした。

いわき市長も最後の方で「モニタリングポスト」
の関係性の薄い質疑に時間を割い ていて、原子力対策課に伝えた私の助言は
無視されました。残念ですがある意味で、東電と霞が関の勝利
だった会合だと思い ます。その意味では大変残念な思いです。

【以下、(通称ALPS小委員会)第1回会議で決定された規約】(資料 1)
多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会 規約(案) 多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会 規約(案)
https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/committtee/takakusyu/pdf/001_01_00.pdf

一部引用:
(事務局) 第3条 小委員会の事務局は、内閣府廃炉・汚染水対策チーム事務局に置く。 2 事務局は、小委員会の運営に関する事務その他の事務を処理する。
:引用終わり


これによると小委員会の「運営」の事務は事務局が行うことになっているので、開催召集権は事務局と理解する。

多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会(仮称)設置について(参考資料1)
https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/committtee/takakusyu/pdf/001_s01_00.pdf

一部引用:
2.検討事項 B トリチウム水タスクフォースで取りまとめた知見を踏まえつつ、上記の観点から、総合的な検討
:引用終わり


これによると「風評被害などの社会的な観点」「被ばく評価に基づく影響」を踏まえて、「総合的な検討」をすると理解したいが、
総合的に「なに」を検討するのか曖昧な表現となっている。処分方法か!?。霞が関文学は謎(抜け道)だらけだ。役所の構造はこれだ。

福島県水産海洋研究センター 全面供用始まる
https://www.minpo.jp/news/moredetail/2019070264846

昨日の評議会への福島県漁連野崎会長の参加遅れは、こちらと重なった為か。お疲れ様です。

原子力規制庁長官に荻野
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46838380S9A700C1EAF000/

人事、原子力規制庁
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46877040S9A700C1905M00/

東電東通に事業本部 原発建設の組織機能強化
https://www.yomiuri.co.jp/local/aomori/news/20190701-OYTNT50109/

県が上関原発海の埋め立て免許延長申請で中国電力に文書照会
http://www.news24.jp/nnn/news16321479.html

山口)原発計画に揺れ続けた37年 上関町
https://www.asahi.com/articles/ASM714J3QM71TZNB00N.html

大 飯3号機データ送信停止 国の緊急時システム
https://mainichi.jp/articles/20190702/k00/00m/040/001000c


2019.07.01 記述
なぜ国際機関は甲状腺検査を推奨しないのか
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46515220U9A620C1000000/

チェルノブイリの現状を学ぶ講演
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190701/6050006027.html

以下上記より一部引用

ウクライナ・ジトーミル州の非常事態局医療センターのハリイナ・プラホタ所長は、「福島県の将 来を考えるうえでチェルノブイリの
経験を教訓にできることがあると思うので、今後も定期的に交流を続けていきたい」と話していま した。

引用終わり


そうですね、お互い「甲状腺がんの多発」ですし。

サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,005回 /これまでの排水量 699,970t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 5,356億 7,588万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

排気筒解体”作業管理徹底を”
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190701/6050006039.html

政府広報のNHK、記事中に「汚染水」の文字はなし!。

【本日開催】廃炉・汚染水対策福島評議会(第19回)-開催通知
https://wwws.meti.go.jp/interface/honsho/committee/index.cgi/committee/26985

以下上記より一部引用

議題 廃炉・汚染水対策の進捗について 技術戦略プラン2019骨子案について 廃炉に関する コミュニケーションについて

引用終わり


【LIVE 中継】廃炉・汚染水対策福島評議会(第19回)
https://www.youtube.com/watch?v=LgF-Zr1mHYc
【配布資料 等掲載予定URL】
https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/decommissioning/committee/fukushimahyougikai/2019/0701_01.html
【本日のハイライト】ALPS処理水について事務局からの回答(奥 田修司 原子力災害対策本部 廃炉・汚染水対策チーム 廃炉・汚染水対策官)と
(松永明 原子力災害対策本部 廃炉・汚染水対策チーム 事務局長補佐)
https://youtu.be/LgF-Zr1mHYc?t=51m54s
上記の2人の無責任発言は永久保存版確定だな!。

第19回廃炉・汚染水対策福島評議会


浜通りで知の集積を イノベ構想、大学関係者ら意見交換
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190701-392141.php

国が高等「教育」で関与を強めるのはどうかと思うぞ。

断層の活動性有無 9月から議論 北陸電報告
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46809380R00C19A7LB0000/

ロシアが建造「海の上の原発」、極東へ向け出港
https://www.cnn.co.jp/video/18499.html