NO MORE FUKUSHIMA 2011  映画「日本と原発」 アベ政治を許さない 3.11炉心溶融隠蔽問題 添田孝史氏「刑事裁判傍聴記」
NO NUKES! 原発の再稼働は断固阻止! 3.11 東電福島原発事故の検証なくして原発の規制基準なし!
原発にコアキャッチャーなし!、原子力防災計画審査なし!、国民に無用な被曝をさせるな! 東京が壊滅 する日 ― フクシマと日本の運命
Back number
2011/ 04 05
06 07 08 09 10 11 12  2012/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2013/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2014/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015/
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2016/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2017/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2018/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2020/
特集ページ トリチウム海洋放出問題 県民健康調査問題 鮫川村焼却施設問題 福島原発告訴団/ 福島原発刑事訴訟支援団  SPEEDI 自主避難 ガラスバッジ

子供を放射線環境から守りたい 福島県いわき市から 更新日:2020.01.18 ツイート
原子力規制委員会 定例記者会見 (平成26年7月16日) での田中俊一委員長発言
https://youtu.be/UF-271b_lC8?list=UU5_urTtPY2VjNc1YOI4rBCg&t=18m58s

以下上記動画音声より一部引用 『安全だという事は私は申し上げません』  引用終わり

原子力規制委員会設置法をあらためて読んだ。第1条の委員会の設置目的のところに「安全の確保」という言葉がちゃんと入っている。とすると、委 員長が「安全とは言いません」と記者会見で語っているのは、規制基準が不十分なものだと自ら認めていることになる。

― 川内 博史 (@kawauchihiroshi) 2014, 8月 12

原子力規制委員会設置法 http://goo.gl/EDiiKF
東京電力・福島第一原子力発電所事故から7年にあたり委員長訓示(平成30年03月09日) https://youtu.be/fFjB1dgL_Rg?t=7m44s
更田委員長: 「事故は終わっていません」「多くの方々が不安を感じています」


東京第五検察審査会の皆様 への御礼2015.7.31
勝俣恒久・武 藤栄・武黒一郎の3人を「起訴すべきである」と議決頂き、本当に有難うございました。
指定弁護士からの「処分通知書」
Amazon これでも罪を問えないのですか! (福島原発告訴団50人の陳述書) http://goo.gl/tMiGBd
原発と大津波 資料と補 足 http://soeda221.wix.com/tsunami
福島原発全交流電源喪 失は津波が原因 か(その4)短 縮版
http://www.shomin-law.com/essayFukushimaSBO4digest.html
福島原発全交流電源喪失は津波が原因か(その4)
http://www.shomin-law.com/essayFukushimaSBO4.html
再論 福島第一原発1号機の全交流電源喪失は津波によるものではない
http://www.iwanami.co.jp/kagaku/eKagaku_201403_Ito.pdf
2013.9.3汚染水海洋放出事件を刑事告発!
2014.6.20の報道によると、流出した 300tの汚染水に含まれる放射性物質のうちβ線核種だけで123兆Bqであることが明らかになった!
2014.4.11の報道によると、流出した 300tの汚染水に含まれる放射性物質のうちβ線核種だけで 84兆Bqであることが明らかになった!

LINK
東京電力
http://www.tepco.co.jp/index-j.html
東京電力 福島第一原子力発電所における日々の放射性物質の分析結果 http://www.tepco.co.jp/decommision/planaction/disclosure/index-j.html
東京電力
報道配布資料
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/index-j.html

東京電力 福島第一原子力発電所の廃止措置等に向けた中長期ロードマップ http://www.tepco.co.jp/decommision/planaction/roadmap/index-j.html
東京電力 廃炉プロジェクト 報道・データ
http://www.tepco.co.jp/decommision/news/index-j.html

IRID 技術研究組合 国際廃炉研究開発機構 http://irid.or.jp/
福島原発刑事訴訟支援団
http://shien-dan.org/
福島原発告訴団 http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.com/
ひだんれん 原発事故被害者団体連絡会  http://hidanren.blogspot.jp/
国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会 http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3856371/naiic.go.jp/index.html
RJIF 民間事故調査委員会 http://rebuildjpn.org/
内閣官房 東電福島原発事故調査・検証委員会 http://icanps.go.jp/
原子力規制委員会 http://www.nsr.go.jp/

首相官邸 http://www.kantei.go.jp/
経済産業省 http://www.meti.go.jp/
文部科学省 http://www.mext.go.jp/
環境省 http://www.env.go.jp/
復興庁 http://www.reconstruction.go.jp/
福島県 http://wwwcms.pref.fukushima.jp/
福島県 原子力安全対策課 http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16025c/
福島県 県民健康調査課
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21045b/

福島県県民健康管理調査 検討委員会について http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/kenkocyosa-kentoiinkai.html
福島県立医科大学 放射線医学県民健康管理センター http://goo.gl/yiusn
県民健康管理センターデジタルアーカイブ
https://www.i-repository.net/il/meta_pub/G0000338fmu

Level7 (レベルセブン) https://level7online.jp/
FUKUSHIMA STUDY http://fukushimastudy.org/

い わき市 http://www.city.iwaki.lg.jp/www/index.html
いわき市保健所放射線健康管理センター http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1001000000558/index.html
いわき市原子力対策課 http://www.city.iwaki.fukushima.jp/13223/13228/019182.html
気象庁 アメダス(表形式)
  http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/map25.html
YAHOO! JAPAN 震災情報 http://info.shinsai.yahoo.co.jp/index.html
Googleマップ 福島第一原子力発 電http://maps.google.co.jp/maps?q=%E7%...
NHK NEWSWEB 地震・津波情報 http://www.nhk.or.jp/sokuho/jishin/index.html

NHK 福島県の放射線量 http://www.nhk.or.jp/fukushima/wind/index2.html
NHK 福島県の風向・風速予想 http://www.nhk.or.jp/fukushima/wind/index.html

文部科学省 放射線モニタリング情報 http://radioactivity.mext.go.jp/ja/
文部科学省 放射線量等分布マップ拡大サイト http://ramap.jaea.go.jp/map/

文部科学省 ご意見・お問い合わせ 入力フォーム 学校保健、学校安全、食育・学校給食に関すること https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry09/
日本の環境放射能と放射線 http://www.kankyo-hoshano.go.jp/kl_db/servlet/com_s_index
独立行政法人 家畜改良センター (牛の個体識別番号検索:左上リンクから) http://www.nlbc.go.jp/index.asp

お勧めサイト
INDEPENDENT WEB JOURNAL http://iwj.co.jp/
OurPlanet-TV http://www.ourplanet-tv.org/
ビデオニュース・ドットコム http://www.videonews.com/

武田邦彦氏 http://takedanet.com/
原子力資料情報室(CNIC) http://www.cnic.jp/

NO NUKES MORE HEARTS http://nonukesmorehearts.org/
GREEN ACTION
 http://www.greenaction-japan.org/
院長の独り言 http://onodekita.sblo.jp/
子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク http://kodomozenkoku.com/

子どもたちを放射能から守る 福島ネットワーク http://kodomofukushima.net/

いわき放射能市民測定室たらちね http://iwakisokuteishitu.com/
いわき市議会議員 佐藤かずよし氏 http://skazuyoshi.exblog.jp/
山本太郎資料ファイル http://www.taro-yamamoto.jp/files/c-files/%E8%B3%87%E6%96%99
原発がどんなものか知ってほしい http://www.iam-t.jp/HIRAI/index.html
みんなでつくる放射線量マップ http://minnade-map.net/

リアルタイム情報
原子力規制委員会 リアルタイム線量測定システムによる福島県内の空間線量率のリアルタイム測定結果 http://radioactivity.nsr.go.jp/map/ja/
福島県環境放射能監視テレメータシステム  http://www.atom-moc.pref.fukushima.jp/public/map/MapMs.html
JNN 福島第一原発 情報カメラ (Live) http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/ust/
東京電力 福島第一ライブカメラ(1号機側) http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index2-j.html
東京電力 福島第一ライブカメラ(4号機側) http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html
ガイガーカウンター リアルタイムモニター福島高専布施雅彦研究室
 http://iwakicity.org/html/htdocs/index.php 
福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値
http://www.fmu.ac.jp/home/lib/radiation/

リアルタイム震度(強震モニタ) - Yahoo!天気・災害 https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/earthquake/kyoshin/

情報公開クリアリングハウス 福島原発事故情報公開アーカイブを公開 http://clearinghouse.main.jp/wp/?p=1025
東京電力 廃炉プロジェクト http://www.tepco.co.jp/decommision/index-j.html
東京電力 東日本大震災後の福島第一・第二原子力発電所の状況 http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/
IRID 国際廃炉研究開発機構における 研究開発の状況について
http://www.irid.or.jp/_pdf/20170209.pdf
GREENPEACE Marine Research http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20110526_MarineResearchpresentation.pdf

福島県公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/PrefFukushima/videos

NO MORE FUKUSHIMA 2011 YouTube
http://www.youtube.com/user/nomorefukushima2011/videos

放射線被ばくの早見図(以下は放医研の図より引用) 左下の図から右下の図に変更されていますのでご注意下さい。 津田敏秀氏の解説動画 ←クリック!

20140131-0  → 20140131-1                                                                                                                                                                  
引用終わり


【モニタリングポストを撤去するな!】 https://goo.gl/E4zGy7
【原子力規制委員会】 リアルタイム線量測定システムの配置の見直しに関する住民説明会 https://goo.gl/fiqQ1C
2019.5.29 更田委員長
「(住民の)心の問題が大きく関わっており、短期間で状況が変わるとは考えにくい。存続は年単位になる」 http://archive.is/5zkES
【新潟県】原発事故に関する3つの検証について https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/genshiryoku/kensyo.html

【トリチウム等汚染水を海に捨てるな!】 経済産業省 多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会 https://goo.gl/8lCpsD
【経産省】【多核種除去設備等処理水の取扱いに係る説明・公聴会】 https://goo.gl/FoAiXZ
2019.03.11【これまでのALPS汚染水の処分方法をめぐる混乱を整理する】
・東電「国から方向性を出してもらいたい」
https://youtu.be/08fNPVMhNzw?t=01m00s
・経産省「ALPS小委員会では意思決定しない」
https://youtu.be/GDipCg4z_hY?t=51m18s
・規制委員会「東電が示せ」「希釈海洋放出が唯一の手段」https://youtu.be/5DjmBCT2F7c?t=10m05s
2019.3.27 更田氏「小委員会が意思決定する」 https://youtu.be/Dahfckhr-5c?t=19m34s小委員会は意思決定しませんからね!
【全国民必見!】どいつもこいつも無責任野郎だぜ!。【責任転嫁確定事案】
【下記のどちらの組織でALPS汚染水処分方法を決定するの!?】
汚染水処理対策委員会 名簿
https://goo.gl/LkmQVG 原子力災害対策本部 構成員 https://goo.gl/6Q1eY7
・2019.05.14【経産省】「長期保管も議論検討する」「小委員会での提言のとりまとめ後に、政府としての方針案を示す予定」 https://youtu.be/fB7Lv9YroEQ?t=1h45m18s
1F汚染水タンク増設適地の敷地候補は、これを見れば一発 で分かる http://urx.space/STdn  http://urx.space/C3MW
(2019.9.11東電交渉 より)市民:現在計画されているタン ク容量は137万トンとのことだが、その内訳を示して欲しい
東電:ALPS処理済み水が約128.5万トン、Sr処理済水が約6万トン その後、
ALPS処理済み水が約134万トン、Sr処理済水が約2.5万トンに訂正


2020.01.18 記述
「新潟県原子力発電所事故による健康と生活への影響に関する検証委員会」健康分科会を開催します
https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/kenko/kenkobunkakai6kaisai.html

以下上記より一部引用

議題(予定)(1)IARC提言について(2)文献調査について(3)福島県甲状腺検査について

引用終わり


サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,189回 /これまでの排水量 835,266t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 6,579億4,607万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

【1/22 ALPS処理汚染水のこれから−置き去りにされた陸上保管案】
*定員に達したためお申し込みは締め切りました
https://cnic.jp/8893

伊方原発 差し止め決定要旨 「地震や火山過小評価」
https://www.sankei.com/affairs/news/200118/afr2001180003-n1.html

伊方原発3号機 運転再び認めず 「地震、火山の想定不十分」広島高裁、仮処分決定
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202001/CK2020011802000136.html

知事「安全側に立った決定」 伊方原発訴訟高裁判断
https://www.nnn.co.jp/news/200118/20200118060.html

二つのリスク、規制委判断の誤り指摘 伊方原発差し止め
https://www.asahi.com/articles/ASN1K7226N1KPTIL030.html

再稼働「反対」が過半数 東海村議選あす投開票 現勢力と異なる
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/202001/CK2020011802000149.html

九電が3分割目の特重施設認可申請 玄海原発3、4号機
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/477805


2020.01.17 記述
【首相官邸】令和2年1月17日(金)午前 | 令和2年 | 官房長官記者会見
https://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/202001/17_a.html

以下上記より一部引用

原子力災害対策本部について
本日、閣議後に、「第50回原子力災害対策本部」を開催をし、福島県双葉町、大熊町、富岡町の一部地域について、
双葉町は3月4日午前0時に、大熊町は3月5日午前0時に、富岡町は3月10日午前6時に、それぞれ避難指示を
解除することを決定しました。総理からは、引き続き、特定復興拠点区域全域の避難指示解除に向けた取組を着実に
進めるとともに、「閣僚全員が復興大臣である」との認識を持って、福島の復興・再生に全力を尽くすよう御指示が
ありました。今後とも、政府一丸となって、福島の復興・再生にしっかり対応をしてまいります。

引用終わり

信じられないことに、福島3町の避難解除決定については、記者の誰一人として質問は しなかった!!。恐ろしい国になったもんだ!!。

第50回原子力災害対策本部会議 配布資料 令和2年1月17日
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/genshiryoku/dai50/index.html
(参考2) 避難指示解除の要件について https://www.kantei.go.jp/jp/singi/genshiryoku/dai50/siryou1.pdf

@空間線量率で推定された年間積算線量が20ミリシーベルト以下になることが確実であること
A電気、ガス、上下水道、主要交通網、通信など日常生活に必須なインフラや医療・介護・郵便などの生活関連サービスがおお むね復旧すること、
 子どもの生活環境を中心とする除染作業が 十分に進捗すること
B県、市町村、住民との十分な協議

【考察】@(なぜか)土壌汚染は含まれない?(放射線管理区域)A医療・介護の体制は整っている?B住民との十分な協議で合意形成は出来た?
【結論】(個人的見解)要件は満たされていないのではないか

福島3町の避難解除決定 3月14日に常磐線全線復旧
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54496880X10C20A1CE0000/

土壌を測定すれば3町はどこも放射線管理区域。そこへ「復興加速」と称して(妊婦を含む)人を 戻すというトンデモナイ安倍政権。

東電に処分検討求める 福島第一原発核燃料や廃棄物 規制委
https://www.minpo.jp/news/moredetail/2020011771807

以下上記より一部引用

トリチウムを含んだ処理水の処分を巡る議論は長期化している。更田委員長は「こうしたことが繰 り返されるのは良くない。
東電自身が(放射性廃棄物の搬出や処分に向け)手を付けてもらいたい」と促した。小早川社長は 「今後、検討したい。
まずは減容化したい」と述べるにとどまった。

引用終わり


1Fタンク内の汚染水も液体放射性廃棄物。東電は主体的に敷地を探してタンクを増設し、陸上長 期保管せよ!。

福島第一原発 凍土壁の冷却材3か所で漏れ 部品交換など対応へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200117/k10012248671000.html

以下上記より一部引用

漏れた冷却材の量は110万リットルのうち2万リットルと見られるということで、凍土壁の運用 に影響はないとしています。

引用終わり


(比重を水と同等と仮定)2万リットル=20トン。
・初期に作った箇所 ・保守管理が出来ていない ・今後も壊れたら直すという予定らしい
これが事故原因発生事業者である東京電力の姿だ。こんなことでは100年経っても廃炉は出来な いよ。

汚染土など20年度「輸送」は400万立方メートル 中間貯蔵施設
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200117-451147.php

経産相、原発コスト再検証せず 再稼働13兆円報道にも「低廉」
https://this.kiji.is/590733001197618273?c=39546741839462401

廃炉、廃棄物の処分費用には絶対に触れない経産省!。

伊方原発3号機 運転認めない仮処分決定 広島高裁
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200117/k10012249231000.html

以下上記より一部引用

17日の決定で広島高等裁判所の森一岳裁判長は、伊方原発の敷地の近くに地震を引き起こす活断 層がある可能性を否定できない
としたうえで「原発までの距離は2キロ以内と認められるが、四国電力は十分な調査をせず、原子 力規制委員会が問題ないと判
断した過程には誤りや欠落があったと言わざるをえない」と指摘しました。

引用終わり


凄い判決内容だ!規制委員会の判断は間違いだと断じた画期的内容。

規制委の判断尊重し、原発再稼働進める=伊方原発差し止めで官房長官
https://reut.rs/38lnRC1

広島高裁の決定内容も見ずにコメントしているようだ!!。「規制委員会の判断は司法判断より上だ」と同義。

伊方原発3号機運転差し止め 四電は不服申し立てへ(20/01/17)


女川原発再稼働 周辺市町、割れる立場 避難計画課題多く
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54529320X10C20A1L01000/

株主提案を制限する改定会社法が成立 「脱原発つぶし」と反発も
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2020/01/16/antena-628/

地震切迫度 31の活断層で“震災直前と同じか それ以上”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200117/k10012248511000.html

【本日の主な出来事!!共通項は 「地震」だぞ!!】・阪神・淡路大震災から25年 ・伊方原発3号機運転差し止め仮処分決定 ・福島3町避難解除決定


2020.01.16 記述
地下水バイパスにおける、これまでの海洋への放出回数 306回 /これまでの排水量 518,157t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 738億 2,772.5万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

福島)知事、東電賠償で「丁寧な個別対応」求める
https://www.asahi.com/articles/ASN1G45LXN1GUGTB007.html

以下上記より一部引用

「(東電に)個別事情に柔軟に対応しながら賠償を行うよう求める」と述べた。集団申し立てへの 賠償を拒む東電を追認する
発言として、住民側からは知事の姿勢を疑問視する声が出る。

引用終わり


出た!知事も「個別」だとさ!!。「集団」は認めないのか!?。これはADRや民事訴訟での 「集団」を否定するトンデモナイ発言
であり到底許されることではない。内堀知事が国や東電と同じ対応を求めた言語道断的発言といえ るのではないか。
詳細はこちらの動画で確認されたし→。 知事定例記者会見  令和2年1月14日(火)
https://youtu.be/3KBzrvgHff4

24%見通し立たず 帰還困難区域 無償提供3月終了後の住まい
https://www.minpo.jp/news/moredetail/2020011671773

原子力規制委「人員増が必要」 福島廃炉作業ミスで東電社長に
https://this.kiji.is/590360668278342753?c=39546741839462401

伊方原発MOX燃料取り出し完了 定期検査で16体、全国初
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020011601001078.html

規制委員長「前例なし」 異例のトラブルと強調
https://www.ehime-np.co.jp/article/news202001160014

関電原発ストップを市民らが要望 筆頭株主の大阪市に
https://this.kiji.is/590456429362267233?c=39546741839462401

放射性物質の所持認める 名古屋地裁で初公判
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020011601001946.html

「スロースリップ」沖合の海底で初確認 地震メカニズム解明へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200116/k10012246921000.html


2020.01.15 記述
【昨日今日「2020 TOKYO放射能五輪」がTVで取り上げられていた】
【農水省】米国の輸入規制措置の概要(令和元年11月22日時点)
https://www.maff.go.jp/j/export/e_shoumei/pdf/sum_usa.pdf
韓国だけではなく、アメリカ様もこのような状況なんだよね。皆様ちゃんと報道してね。

川から海にセシウム29兆ベクレル流出 原発事故後の半年間で 原子力機構推定
https://mainichi.jp/articles/20200115/k00/00m/040/270000c

以下上記より一部引用

大気から海に降下した量や原発構内から直接海に流れた量に比べ、100分の1未満だったと分 かった。

引用終わり


3月までの着手困難 福島第一原発1号機内部調査
https://www.minpo.jp/news/moredetail/2020011571743

東電に核燃料「累進課税」を要請 新潟県柏崎市長
https://this.kiji.is/589985336109679713?c=39546741839462401

以下上記より一部引用

小早川社長は難色を示す一方、「しっかりと受け止め、調整をしていきたい」と述べた。

引用終わり

この方式を福島県も導入すれば良いのでは!?。

原発再稼働・維持に13兆円 安全強化の新基準導入で
https://this.kiji.is/590148802144961633?c=39546741839462401

以下上記より一部引用

全国の商用原発で必要となった再稼働のための安全対策費と、施設の維持費、廃炉費用の総額が約 13兆4569億円に上ることが15日、
分かった。費用はさらに膨らむ見通しで、最終的には電気料金に上乗せされるため長期の国民負担 となる。

引用終わり


制御棒誤って引き抜き 四電社長陳謝
https://www.ehime-np.co.jp/article/news202001150150

上関原発埋め立て免許取り消し訴訟 漁業者らの控訴棄却 広島高裁
https://mainichi.jp/articles/20200115/k00/00m/040/204000c

新設原発の規制 規制委員長「既設より厳しい国も」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54420380V10C20A1I00000/

原発廃炉の廃棄物処分で基準案 6月にも公表、原子力規制委
https://this.kiji.is/590018039342728289?c=39546741839462401

原子力規制委の活動を点検 国際機関の専門家チーム
https://this.kiji.is/589981805329187937?c=39546741839462401

過酷事故時の避難計画も審査対象にすべき。


こうなる2020年の原発 テロ対策未完2原発2基停止
https://genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/1237

東海村議選告示 再稼働巡る主張に注目
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/202001/CK2020011502000170.html


2020.01.14 記述
1/22 ALPS処理汚染水のこれから−置き去りにされた陸上保管案
https://cnic.jp/8893

以下上記より全文引用

「ALPS処理汚染水のこれから−置き去りにされた陸上保管案」
東京電力福島第一原発で増え続ける放射能汚染水(ALPS処理汚染水)について、経済産業省の小委員会が12月23日に、「海洋放出」、
「水蒸気放出」、そしてその組み合わせという3つの案に絞り込んだ「とりまとめ案」を公表しました。しかし、現在までの同委員会
での審議を見る限り、汚染水の長期陸上保管や敷地利用に関しての議論は、きわめて不十分と言わざるをえません。
問題点を明らかにし、最善の方法を探るため、学習会を開催します。

当日は経済産業省、規制庁、東電からの出席も依頼しています。ぜひ、おこしください。
 
日時:1月22日(水曜日)11時〜13時半 衆議院第二議員会館
共催:国際環境NGO FoE Japan、原子力資料情報室、国際環境NGO グリーンピース・ジャパン
協力:原子力市民委員会
申し込み:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd2be6Xja3zhNi1kmW2IhAXkiHn2So7gZaCveCHCLWwJ5BRyA/viewform
これまでの議論のポイント 満田夏花(FoE Japan)
陸上保管案について   川井康郎(原子力市民委員会)
トリチウムの影響    伴英幸(原子力資料情報室)
地元より発言 
社会的合意の在り方、今後のあるべきプロセス、モニタリングの困難 水藤周三(原子力市民委員会)
国際法と国際社会の反応 鈴木かずえ(グリーンピース・ジャパン)
経済産業省、規制庁との質疑応答

引用終わり

遂に、グリーンピースも参加!!。

「五輪で復興にくぎりでしょ」 福島の被災者、国に疑念
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/108782

福 島・大熊で里帰り餅つき 地元産米に舌鼓
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202001/20200114_63003.html

以下上記より一部引用

農業再開に向けた町の実証田で昨秋収穫されたもち米約90キロを、町役場前広場の会場に設置さ れた6基の臼で来場者が次々とついた。

引用終わり

中国電力清水社長が上関町訪問
http://www.news24.jp/nnn/news16321955.html

CO2には言及するが、放射性廃棄物は語らない不思議。

関電、福井県に金品 問題など説明
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54386080U0A110C2LB0000/

以下上記より一部引用

県外設置を約束している原発の使用済み燃料の中間貯蔵施設については、松村副社長は「20年中を念頭にできるだけ早い時期に
具体的な計画地点を示す」と従来通りの回答

引用終わり

出来もしない約束したから、さぁ大変!!。

伊方原発 燃料取り 出し公開 当面、施設内で保管
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202001/CK2020011402000240.html

伊方原発「MOX燃 料」取り出し 再利用めどなし
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000173664.html

伊方原発 「使用済みMOX燃料」取り出し開始 商用原発、本格運転開始後で初
https://mainichi.jp/articles/20200113/k00/00m/040/150000c

以下上記より一部引用

MOX燃料を使うプルサーマル発電をする原発が再稼働したのは、伊方のほか、関西電力高浜3、 4号機(福井県)と九州電力玄海3号機
(佐賀県)の計4基。各社が保有するMOX燃料は、これまでにプルサーマル発電を予定していた 電力会社も含め5社で計221体に上る。

引用終わり


<東海村議選 東海第二原発の現場から>(下) 村民の声すくえるか
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/202001/CK2020011402000121.html


2020.01.13 記述
サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,188回 /これまでの排水量 834,440t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 6,571億 2,007万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!
本日 (2020.01.13)サブドレン等と地下水バイパスのこれまでを合算したトリチウム放出量は7300億Bq超となりました。

伊方原発3号機 MOX燃料取り出し作業開始
https://www.ehime-np.co.jp/article/news202001130159?sns=2

四国電力株式会社 続報
https://www.yonden.co.jp/press/2019/__icsFiles/afieldfile/2020/01/13/pr005.pdf

四電伊方3号機、MOX燃料取り出し作業開始可能と発表
https://www.ehime-np.co.jp/article/news202001130157?sns=2

伊方、MOX燃料取り出しに遅れ 制御棒トラブル、四国電力発表
https://this.kiji.is/589342090795435105?c=39546741839462401

令和2年1月12日 四国電力株式会社 伊方発電所3号機 原子炉容器上部炉心構造物 吊り上げ時の制御棒引き上がりについて
https://www.yonden.co.jp/press/2019/__icsFiles/afieldfile/2020/01/12/pr004.pdf

規 制庁長官が対案指示 関電原発 非公開で「不適合」案排除
https://mainichi.jp/articles/20200112/k00/00m/040/259000c

<東海村議選 東海第二原発の現場から>(上)原発の恩恵「少ない」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/202001/CK2020011302000120.html


2020.01.12 記述
地下水バイパスにおける、これまでの海洋への放出回数 305回 /これまでの排水量 516,081t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 735億 5,784.5万Bq(第三者機関測定値)
サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,187回 /これまでの排水量 833,710t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 6,563億 1,707万Bq
(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

原発避難の大熊町 成人式
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20200112/6050008572.html

以下上記より一部引用

大熊町は、原発事故の影響で町全体で避難を余儀なくされ、一部で避難指示が解除されましたがい まも、ほとんどの住民が
ふるさとに戻ることができないままです。

引用終わり


当然ですが、これが現実です!!。

広河隆一氏性暴力問題 被害者がデイズ社に慰謝料請求  「加害責任取っていない」
https://mainichi.jp/articles/20200112/k00/00m/040/053000c

伊方原発 核分裂反応抑える「制御棒」1体を誤って引き抜く
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200112/k10012243541000.html

以下上記より一部引用

監視カメラで作業員が気付き、原子炉に戻しましたが、およそ7時間1体が引き抜かれた状態が続いたということです。

引用終わり


PWRだから、制御棒を上部に引き抜いたと!!。。。
ヒューマンエラーか、操作の設定ミスか、制御棒を固定する構造物を引き上げる時の監視はどうだったのか。
引き上げの途中で気が付かなかったのか。なぜ7時間もチェックをしなかったのか。これ疑問だらけですね。

東海第2再稼働 署名活動スタート 県民投票求め市民団体、県内5カ所で
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15787480852497


2020.01.11 記述
特に気になった記事等はありませんでした。


2020.01.10 記述
サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,186回 /これまでの排水量 832,939t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 6,555億 4,607万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

福 島第一原発 凍土壁の冷却材漏れか 汚染水減らす対策で運用
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200109/k10012240651000.html

きちんと維持保守管理出来ていないから、こうなるのは当然!。(壊れたら直すじゃ駄 目だぞ)

除 染の謝礼を隠し、脱税の疑い 4800万円、国税が告発
https://this.kiji.is/588313814560752737?c=39546741839462401

次から次へと出てくる!出てくる!。原子力産業は金が全てのようだ。


東海再処理施設 来 年5月 復旧見通し ガラス固化中断が長期化
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/202001/CK2020011002000155.html

廃液の「イベントリ=300京ベクレル」の記載が見当たらないぞ!。これではことの重大さが伝 わらないでしょうに。。。

熊谷組が関電問題で社内調査継続 高浜町・元助役に依頼し工事受注
https://this.kiji.is/588195028172325985?c=39546741839462401

これ水平展開して全国の原発での工事発注調査だな!。


2020.01.09 記述
第14回甲状腺検査評価部会(令和2年1月20日)の開催について
http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/kenkocyosa-kentoiinkai-b14.html

ト リチウム水「福島県処分」への反発認識 東電幹部 自社判断の可能性示す
https://www.minpo.jp/news/moredetail/2020010971509

以下上記より一部引用

小早川智明社長ら東電幹部に対し、福島民報社は処理水の処分方法や開始時期を主体的に判断する よう求めた。小早川社長は政府の小委員会が
科学的安全性や地元の復興、風評対策などさまざまな観点から議論している点を挙げ、「当事者と して何らかの判断をしたり、提案したりする
立場にない」との従来の見解を改めて示した。

処理水の処分が福島県のみで行われたり、福島県から始まったりすれば、県民にさらなる重荷を背 負わせるとの指摘に対しては、「国が大きな
方向性を示した後、それに従ってどのように対処していくかが(原発の)管理者としての責任だと 考えている」と述べるにとどまった。

大倉誠常務・福島復興本社代表は「答えとしては(小早川)社長が申し上げた通り」と前置きした 上で、「福島県から始めてはいけないとの声を
肌で感じている」との認識を示した。国が打ち出す方向性に放出場所が示されない場合、「私ども が何らかの答えを出す場面が来るだろう。その
最前線にいると覚悟している」と語った。

引用終わり

小早川氏の「当事者として何らかの判断をしたり、提案したりする立場にない」ってどういうことなのか!?。経産省からの圧力でもあるかのような言い回しだな。
国が何を言っても、処分方法の最終決定責任者は東京電力HDである。主体性を示せと原子力規制委員会から言われたことは忘れたのか???。
大倉氏の発言は環境中への放出を前提としている時点で論外。

東電小早川社長 に聞く 第二原発の使用済み核燃料 県外搬出明文化へ
https://www.minpo.jp/news/detail/2020010971508

以下上記より一部引用

−最終的には管理者の東電が判断すべきではないか。
(小早川氏)「国の方針に従い、どう対処していくかが管理者としての責任だ。提案する立場にないと申し上げたのが全て」

引用終わり

東電は「国の方針に従う」らしい。つまりは主体性ゼロ事業者確定。
ならば、原子力規制委員会から「1F廃炉の覚悟」はないと見なされ、柏崎刈羽原発は動かせないことになる。自業自得だ。

福島第2原発「廃止措置計画」年内提出 東電復興本社代表見通し
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200109-448829.php

排気筒解体 新年初の作業始まる
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20200109/6050008549.html

汚染廃本焼却、新年度に 大崎市が25日に住民説明会
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202001/20200109_13008.html

原電、東海第2原発工程見直しへ 安全対策、21年3月「厳しい」
https://this.kiji.is/587926074117768289?c=39546741839462401

やった!。

女川原発避難計画、国に公開質問書 宮城・石巻の市民団体「実効性ない」
https://mainichi.jp/articles/20200109/k00/00m/040/027000c

石巻市避難計画「実効性審査を」 女川2号機再稼働を巡り、市民団体が内閣府に質問書
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202001/20200109_11009.html

福井)敦賀原発2号機の審査対応に注力、日本原電社長
https://www.asahi.com/articles/ASN1843L5N18PGJB004.html

再処理工場安全審査 年度内「合格」厳しく
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/298283


2020.01.08 記述
サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,185回 /これまでの排水量 832,057t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 6,545億 6,407万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

意見わかれる福島の処理水放出の「安全性」 その議論の構図
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00010006-bfj-soci

最終責任者の東京電力へ主体的取り組みについて取材してもらいたい。

原発裁判初の和解勧告 東電拒否
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20200108/6050008537.html

以下上記より一部引用

福島地方裁判所は先月、東京電力と原告に対して具体的な金額を盛り込んだ和解案を提示し、和解 勧告を出していました。
原告側は受諾する方針でしたが、7日、原告側の弁護士に裁判所から連絡があり、東京電力が和解 勧告を拒否したため、
和解は成立しなくなったと伝えられたということです。

このため、来月19日に判決が言い渡されることになりました。原告側の野村吉太郎弁護士は「厳 密な証拠調べの手続きを
経て、裁判所が出した和解勧告を拒否する東京電力の姿勢は許されるものではない」としていま す。

裁判とは別のADRと呼ばれる手続きでは東京電力が和解案を拒否するケースが相次いでいます が、原告側の弁護士により
ますと、裁判で和解勧告が出されたのは、このケースが初めてだったということです。

1審の判決が来月に出ても、控訴されれば、裁判がさらに長期化するおそれがあります。東京電力 の小早川智明社長は、7日、
内堀知事に面会した際、「最後まで賠償を行う方針を変えずに丁寧に取り組んでまいります」と述 べていました。
東京電力は「本訴訟に関してはコメントを差し控える」としています。

引用終わり

これまで東電は「集団」でのADRは拒否。東電も経産大臣も「個別に対応」としてい る。「集団」を認めると、新たに「集団」
での訴訟を起こされる可能性があるからだろう。今回の件で和解勧告も「集団」での対応は認めないことが明らかになった
のだと推測します。福島県はこれに抗議しないのか!?、しろよ!。

経年累進課税を原発再稼働の前提条件に
http://www.news24.jp/nnn/news16442172.html

上記より一部引用

柏崎市は使用済み核燃料への課税をめぐり、保管している期間に応じて税額が上がる制度を導入し ようと東京電力と協議している。

引用終わり


原子力規制委「密室の決定」 毎日新聞の報道は「見解の相違」 一問一答
https://mainichi.jp/articles/20200108/k00/00m/040/250000c

関電大型案件を熊谷組が連続受注 97年着工、元助役と深い関係
https://this.kiji.is/587568535683466337?c=39546741839462401

関電、熊谷組受注に便宜 元助役のどう喝受け、96年
https://this.kiji.is/587385572525163617?c=39546741839462401

中間貯蔵候補地選定 「関電、今月にも報告を」 知事が会見で /福井
https://mainichi.jp/articles/20200108/ddl/k18/040/170000c

坂本龍一×ウーマン・村本が対談! お笑いで「自主規制」する現状に違和感
https://news.j-wave.fm/news/2020/01/post-5361.html


2020.01.07 記述
東電HD社長、安全な廃炉「責任果たす」 福島知事に
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54123470X00C20A1L01000/

以下上記より一部引用

第1原発で増え続ける処理水の問題に触れ、「処分方法は政府の小委員会で適切に議論されている。我々の務めは重層的な対策で
発生量を減らし、漏らさないように保管していくことだ」と話した。

引用終わり


まだ言っている「小委員会で」と。処分方法についての主体的な方策の考えはないのか!?。処分 方法の最終決定責任者は東電ですけどね。

<こ うなる2020>(5)原発 テロ対策未完、4基停止
https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202001/CK2020010702000120.html

再稼働の是非問う 東海第二県民投票 11日から本格署名
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/202001/CK2020010702000138.html

伊方原発仮処分で17日決定 広島高裁、差し止め 可否
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54124810X00C20A1AC8Z00/



2020.01.06 記述
サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,184回 /これまでの排水量 831,062t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 6,535億 6,907万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

出荷制限魚種あと一つ 本格再開期待 処理水扱いに警戒も /福島
https://mainichi.jp/articles/20200106/ddl/k07/040/015000c

以下上記より一部引用

地元では本格的な漁業の再開に期待が広がる一方、第1原発でたまり続ける処理水の海洋放出が取り沙汰され、新たな風評被害
への警戒感も強まっている。

引用終わり

毎日新聞さん!「東電が汚染水を海洋放出したら」風評ではなくて実害ですよ!。

処分「地元寄り添う形に」 福島原発処理水で東電社長
https://www.sankei.com/photo/daily/news/200106/dly2001060011-n1.html

以下上記より一部引用

東京電力の小早川智明社長は6日、福島第1原発で増え続ける処理水について「今は処分方法(の 選定)よりも、発生量を少なくして
いくことが何よりも大事。処分は地元の復興、地域の安心に寄り添う形で進めていくのが重要 だ」と述べた。

引用終わり


「地域の安心に寄り添う形」なら、タンクを増設する敷地を見つけて陸上での長期保管一択だ。
当該発言の
「処分は地元の復興、地域の安心に寄り添う形で進めていく」の具体策を示せよ!。
環境中に放出すれば復興や安心 に水を差すことは明らかだ。

東京電力会長 年頭あいさつ「最後まで責任を持って仕事を」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200106/k10012236241000.html

以下上記より一部引用

東京電力の川村隆会長は仕事始めのあいさつで「一人ひとりが最後まで責任を持って仕事をやり遂 げてほしい」と述べ、福島第一原発
事故からの復興などに責任を持って取り組むよう改めて求めました。

引用終わり


ではその「責任」とやらを国民に見せて1F汚染水の取り扱いについて、主体的に「環境中にばら 撒かない方法の取り組み」を
示せ!。【その(廃炉をやりきる)「覚悟」がなければ柏崎刈羽の原発の運転資格はない】と原子 力規制委員会に言われただろ!。
川村氏は、この動画を見て思い出せよ!。第22回原子力規制委員会 臨時会議(平成29年07月10日)
https://youtu.be/BN3ue81LrYM

五 輪開催期間中の廃炉作業一時中断も 東電“不安解消”へ検討
https://www.sponichi.co.jp/society/news/2020/01/06/kiji/20200105s00042000491000c.html

以下上記より一部引用

復興本社の青柳英明副代表が「五輪期間中に不安を生じさせないような取り組みはしたい。作業を いったん止めるとか…。そういう
作業を後に回すという機会をつくる必要はあるかなと思っている。いろいろなリスクを少しでも小 さくしたい」と話した。

引用終わり


すんませんが、福島県民は3.11後は恒常的に不安なんですよ。特に大きな地震の度にヒヤヒヤ もんです。だって未だに
「原子力緊急事態宣言」解除されていないし、海や空や大地に放射能汚染は拡大中だし、甲状腺が んは増加の一途(詳細
人数不明状態)なんだから。


「新たな関電創生の年に」 社長が社員向けメッセージ
https://this.kiji.is/586744131326248033?c=39546741839462401

高浜3号機で定期検査開始、福井 テロ対策間に合わず
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020010601000896.html


2020.01.05 記述
「廃 棄」資料、一転公開 文書名特定、再請求に 原子力規制委、消極さ露呈
https://mainichi.jp/articles/20200104/k00/00m/040/158000c

以下上記より一部引用

規制委は再請求にも「不開示」にする方向で手続きを進めたが、職員の一人が当時のメールに添付されていたと申告したという。
規制委は陳謝し「事務処理上の不手際」と釈明する。情報公開に消極的な姿勢が浮かんだ。

引用終わり

「情報流出か」規制 庁内混乱 不開示方針→念のため照会
https://mainichi.jp/articles/20200104/k00/00m/040/161000c

「廃棄済み」としていた事実はどのように弁明するのだろうか。調査不足に加え、保存されるべき 文書の扱いが杜撰ではないのか?。

福島原発事故と科学力失速に見る政府依存報道
https://news.yahoo.co.jp/byline/dandoyasuharu/20200105-00157639/

現場の記者さんの中でも頑張っている人もいるのですがね。紙面になる前に没にされる事案が沢山 あるのは事実でしょう。
3.11後は福島県内で市民として記者会見に入る機会があるので大本営発表が本当に多いと感じ ています。いわき市内で行われている
東電交渉では年に1人が取材に来るくらいですから、その程度はしれています。



2020.01.04 記述
サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,183回 /これまでの排水量 830,069t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 6,526億 0,586万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

規 制委、密室で指導案排除 関電原発の火山灰対策、議事録作らず
https://mainichi.jp/articles/20200104/ddm/001/010/077000c

以下上記より一部引用

原子力規制委員会が2018年12月、関西電力に求める原発の火山灰対策を決める委員会(公開会議)に向けた非公開の事前会議の場で、
2案のうち1案を退ける方針を決めたのに、議事録を作らず、参加者に配布した資料も回収・廃棄していた。事前会議には更田(ふけた)
豊志委員長らが出席。6日後の公開会議では残る1案だけを提示、決定した。規制委は「意思決定は全て委員会の場で行っている」とするが、
有識者は「事前会議が実質的に意思決定の場になっている。記録作成を義務づけた公文書管理法に反する」と批判する。

引用終わり

これでは正式決定前に指導案を排除とした理由やそのプロセスが全く分からなくなる。
これらは原子力規制委員会のみならず、福島県の県民健康調査検討委員会でも同様に本委員会前に秘密会での決定事項が存在した。

クローズアップ:公文書指針、骨抜き 規制委、密室で方針決定
https://mainichi.jp/articles/20200104/ddm/003/010/061000c

規制委、密室で指導案排除 関電原発の火山灰対策、議事録作らず 「情報公開クリアリングハウス」三木理事長の話
https://mainichi.jp/articles/20200104/ddm/001/010/072000c

中貯搬入 安全管理が課題に
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20200104/6050008507.html

記事には
「1日に延べ2300台が走るダンプカー」とある。以下に単純計算結果を示す。
ダンプ搬入時間帯を午前5時〜午後7時(14時間)と仮定:1分間で約2.73台(入退ゲート 4箇所合計)の計算。

中間貯蔵施設事業の状況について 2018年11月 環境省
http://josen.env.go.jp/chukanchozou/action/safety_commission/pdf/safety_commission_02_181121.pdf


2020.01.03 記述
2020年、次の巨大地震はどこか 最新科学が警告する「南海トラフより切迫」のエリア
https://dot.asahi.com/dot/2020010100004.html


2020.01.02 記述
サブドレン等における、これまでの海洋への放出回数 1,182回 /これまでの排水量 829,115t /これまで海洋へ放出した危険なトリチウムはおよそ 6,516億 5,186万Bq(第三者機関測定値)
「トリチウム海洋放出問題」の特集ページはこちら。【危険な放射性トリチウムなどの海洋への放出は中 止せよ!!】東電は市民に対する説明会を至急開催せよ!

東 京五輪まで約200日 放射能や旭日旗巡る論争続く=韓国
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191231001600882?section=entertainment-sports/index

韓国五輪委 東京のホテル借り切り選手に食事提供へ=放射能懸念で
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191230002300882?section=society-culture/index


2020.01.01 記述
再生加速...「常磐線」全線開通へ 富岡−浪江間、進む沿線整備
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200101-447265.php

全ての避難指示解除は安倍政権の意向でドンドン解除!。